×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インフルエンザの予防注射を打っておけば一安心、高熱、倦怠感、筋肉痛、関節痛など辛い症状のリスクが減りますね。

スポンサードリンク


インフルエンザの予防注射は遅くても12月までに!

インフルエンザの予防注射は 秋も深まりそろそろ冬支度をはじめなければいけない季節の

一つの行事と考えなければいけないのではないのでしょうか?

インフルエンザは38度を越える高熱、倦怠感、筋肉痛、関節痛などとても辛い病気、

やはり予防注射を受けるのが一番効果的だと思います。

私も毎年予防注射を受けます。

そのお陰かどうかわかりませんが、まだ一度もあの辛い思いは

(家族がインフルエンザにかかった時はそれは辛そうでした。)したことがありません。

私の友人で主治医の先生曰く(先生に患者を紹介するとき私の主治医と言ったらすごく喜んだ)

ワクチンを接種して半月は、効果が出ないから遅くとも12月までには、接種を済ませたほうがいいそうだ。

有難いことに、毎年10月半ばになると予防注射のお誘いのお電話をいただく。

この先生結構まめで休日でも具合が悪かったら見てあげると言ってくれる気のいい先生だ。

私の妻はインフルエンザの予防注射をすると針を入れた箇所がしばらく腫れてしまいます。

ごく稀にその症状がでる人が居るそうだが気にしなくて大丈夫だそうだ。


スポンサードリンク