×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インフルエンザの予防注射を打っておけば一安心、高熱、倦怠感、筋肉痛、関節痛など辛い症状のリスクが減りますね。

スポンサードリンク


インフルエンザ予防の日常生活での注意点

インフルエンザの予防注射にかぎらず普段から健康管理には気を付け

ウイルスに対する抵抗力をつけておくべきだと、私の友人で主治医の先生は言う。

当たり前の事ですが、手洗い、うがいはまめにする、なるべく人混みは避ける、

睡眠はしっかりとる、暴飲暴食はしない、あと大切なのがマスクをする、

回りに調子の悪そうな怪しい人がいたらマスクを奨める、これはエチケットですね。

インフルエンザウイルスは室内が乾燥していると空気中に長時間いて獲物を狙っているそうです。

加湿器を使って室内を適温適湿に保つのも重要な予防法だそうだ。

それでも風邪の症状がでたら週末で休みでもすぐに診察を受けに来てと言ってくれる。

(融通の利く先生がいてくれると心強い)風邪で体が弱っていると時に

インフルエンザウイルスの格好のえじきとなってしまったら大変だ。

インフルエンザの薬の効果は感染後早ければ早いほど効果的だそうです。

それと先生曰く一番辛いのがインフルエンザの予防接種をしたのに風邪をひいてしまったと

クレームっぽく患者さんに言われる時だそうだ。

インフルエンザのワクチンは普通の風邪には効かないそうだ、

それにワクチンの免疫のかたが合わないと予防接種の効果がないらしく、

新型のウイルスが流行ると大変だそうだ。


スポンサードリンク