×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インフルエンザの予防注射を打っておけば一安心、高熱、倦怠感、筋肉痛、関節痛など辛い症状のリスクが減りますね。

スポンサードリンク


新型インフルエンザの症状

新型インフルエンザの症状は、普通のインフルエンザと同じ症状です。38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、吐き気、下痢、のどの痛み鼻水、咳き等の風邪の症状にも似ています。重症の場合は気管支炎や肺炎等を併発してしまいます。

新型インフルエンザに掛かったと思ったらら

上記の症状が出たら、先ず厚生労働省や保健所に電話してみましょう。適切な指示をしてくれます。直接病院に行くと院内感染の恐れがありますので絶対に行かないでください。厚生労働省の相談窓口は夜21:00まで、土曜、日曜もやっています。

新型インフルエンザと豚インフルエンザの違い

新型インフルエンザは発見当初と豚インフルエンザと言う名前でしたが、日をおうごとに新型インフルエンザと呼ばれるようになりました。これは人から人へ感染すると判ったからで、豚からの感染が拡大している訳ではないからです。それと豚肉への風評被害の防止の理由もあるので、WHOが呼び方を訂正しました。新型インフルエンザはインフルエンザAが正しい呼び方です。

新型インフルエンザのワクチン

通常インフルエンザのワクチンの開発には4ヶ月程かかると言われています。新型インフルエンザに感染した人からウイルスを摂取して研究開発するのですから、ワクチンが出来るまでの間の感染拡大が懸念されます。ワクチンが出来てから予防注射を打ったり、すでに感染してしまった人への治療等、十分なワクチン供給が出来る体制になるまでは、もう少し時間がかかるかも知れません。
スポンサードリンク