×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インフルエンザの予防注射を打っておけば一安心、高熱、倦怠感、筋肉痛、関節痛など辛い症状のリスクが減りますね。

スポンサードリンク


新型インフルエンザの感染経路~接触感染~

新型インフルエンザの感染経路である接触感染は電気のスイッチやドアのノブ、電車のつり革や手すりなど日常生活で手が触れるところから、手に付着したウイルスが鼻や口から体内に侵入するということが考えられます。例えば缶コーヒーなんかも口をつけて飲むのですから心配ですね。例を挙げて考えるとキリがありませんので、そういう感染経路があると覚えておいてください。この新型インフルエンザの接触感染対策は手洗いが非常に有効です。小さなお子さんは手洗いのほかに、蒸しタオルで顔をふいて上げるのも有効です。水分を絞ったタオルを電子レンジでチンすると、簡単に蒸しタオルが出来上がります。

新型インフルエンザの感染経路~飛沫感染~

新型インフルエンザの感染経路である飛沫感染は空気中にいるウイルスを吸い込んで体内に侵入させてしまいます。新型インフルエンザに限りませんがインフルエンザの予防法で人込みの中に行かないことが挙げられます。かといって、通勤電車や買い物などどうしても人が多いところに行かなければいけない時は、マスクをしましょう。マスクをすると言う事は、自分も感染しない、人にも移さないという大切な予防法です。人込みの中でのマスクはエチケットといえるでしょう。
スポンサードリンク